弁護士等紹介

弁護士 古屋 有実子
ごあいさつ

弁護士は、法律的なアドバイス・手続処理をご提供するサービス業であると考えております。

一般の方が、何らかの問題が生じているときに、弁護士に相談するタイミングの見極めは難しいと思います。ただ、早ければ様々な対策のなかから、より事案に適した対策を選ぶこともできますし、事前に紛争を回避する方法をアドバイスすることも可能となります。ですので、悩んだらご相談されることをお勧めします。

当事務所では、事務所スタッフの支援による迅速な解決を目指し、当職のこれまでの経験を生かしてより事案に適した解決方法を提供していきたいと考えております。また、ご依頼者の不安を取除き、お役に立てるよう明るく誠実に案件処理にあたらせていただきます。

事務所を開設した表参道は、公共交通機関・道路など交通の便が良く、地下鉄表参道駅にエレベーター・エスカレーターが整っていますので、高齢者の方にも来所しやすくなっております。

プロフィール
平成  5年 私立中央大学法学部法律学科卒業
平成 12年 司法研修所修了・弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
  新東京法律会計事務所に勤務
平成 13年 東京リベルテ法律事務所勤務
平成 18年 有村総合法律事務所勤務
平成 19年 第二東京弁護士会倒産法制等民事法制検討委員会副委員長
  同高齢者・障がい者財産管理センター運営委員会副委員長就任
平成 20年 古屋総合法律事務所開設
平成 21年 東京簡易裁判所 司法委員就任
        同年 東京都生活文化局広報広聴部都民の声課 法律相談担当相談員就任
        同年 日本弁護士連合会 高齢者・障害者の権利に関する委員会委員就任
        同年 第二東京弁護士会綱紀委員会委員就任
平成 27年 第二東京弁護士会高齢者・障がい者総合支援センター運営委員会委員長
平成 28年 同委員会委員長
Copyright© 2008- FURUYA LAW OFFICE. All rights reserved.